ホーム>小判の豆知識

コラム

小判の豆知識

時代劇で小判が登場するシーンをみることもあるのではないでしょうか。小判は過去に流通していたものであり、現代でも大きな価値があります。小判の知識を得ることで、日本の過去の暮らしを知るきっかけにもなります。

小判とは

小判とは

小判は、江戸時代に主に流通していたものであり、大型な大判よりも小型な小判を通貨として利用する為に鋳造されました。

小判は1枚あたり一両の価値があり、当時の一両は驚くほど高額な金額だったそうです。その為、庶民の間ではあまり使用されずに、主に商取引の場などで役立っていたといわれています。

小判に価値がある理由

小判が現代でも価値がある理由は、金で作られており、さらに歴史的な価値があるからです。その為、希少価値が高いものは1枚だけで高額な価格がつけられる場合があります。また小判の中には、精巧なレプリカが存在することもありますが、素材に金が使われている場合は、レプリカであっても買取を行うことができます。当店では小判の買取を行っておりますので、レプリカであってもぜひ一度査定をご依頼下さい。

小判の大まかな種類

小判の大まかな種類

小判といっても様々な種類があり、見た目や重量などが異なります。

小判の大まかな種類としては、江戸時代の最初の小判といわれている慶長小判や裏面の右上に「保」という文字がある天保小判、そして明治に使用することができなくなった万延小判などがあります。

お持ちの小判を売りたいと思っている方は、ぜひ甲府市にある当店にお任せ下さい。当店では、熟練の鑑定士が責任を持って小判の査定をし、高価買取いたします。店頭買取だけでなく、宅配買取にも対応しており、希望する方には宅配買取を便利に利用できる日本全国送料無料の宅配キットをお届けいたします。

また、ジュエリーの買取も行っており、ホームページで毎日の相場を確認することができます。遺産相続によって得たジュエリーやデザインが古くなったジュエリーなどをしっかりと査定し、買取いたしますので、ぜひご相談下さい。