ホーム>ゴールドとシルバーの違い

コラム

ゴールドとシルバーの違い

ジュエリーといっても、その素材には様々な種類があります。ゴールドの種類にはシルバーやプラチナにもよく似たホワイトゴールドなどがありますが、その違いとは何なのでしょうか?ゴールドとシルバーには様々な違いがあります。当店では、ゴールドやシルバー買取を行っておりますので、貴金属の買取をお考えの方はぜひご利用下さい。

ゴールドとは

ゴールドとは

ゴールドとは、サンスクリット語の「輝く」が語源といわれています。その名の通り、純金であるK24は美しい黄金色の光沢を持ち、酸化などの化学変化に強く安定した金属です。市場の流れによってその価値は大きく変動するため、金融経済市場でもよく用いられます。

柔らかい性質を持つ純金は、ジュエリーなどに加工する場合には強度や耐久性を高めるために、75%の金に25%の銀や銅で合金しK18にすることがほとんどです。K18の種類には、ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールド、シャンパンゴールドなどがあり、合金する金属や配合比率によってその色を変化させます。欧米ではブライダルリングの素材としても人気を博しています。お手入れの際は塩素などの強い化学薬品は避け、傷つかないようにケアすることで長くゴールドの輝きを楽しむことができるでしょう。

シルバーとは

シルバーとは

金や銅に続き発見されたシルバーは、その色調の美しさや加工のしやすさから銀食器からジュエリーまで幅広く用いられてきました。純銀は柔らかい金属でもあるため、銅などを混ぜ硬さを出し装飾品に加工することが一般的です。

シルバーもゴールドと同様にその純度によって様々な種類があり、銀90%を含むコインシルバーや銀92.5%を含むスターリングシルバーなどがあります。他の金属に比べ、空気中の硫黄と結合することで酸化膜に覆われ黒ずむことも少なくありません。しかし、表面だけの変色になるのでシルバークリーナなどで磨くことで簡単に輝きを取り戻すことができ、永く愛用することが可能です。

ゴールドやシルバー買取をお考えの方は、ぜひ高価買取を行っている当社にご相談下さい。本日の買取相場にて簡単にゴールドやシルバーの相場を確認できるので、大変便利です。当店は甲府市に所在しており、店頭での買取の他に、送料無料の宅配買取も可能です。遺産相続の品や昔に買ったジュエリーなどをお持ちの方、シルバー買取をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。