ホーム>ゴールドカラーの種類

コラム

ゴールドカラーの種類

過去に購入したり、遺産相続で受け取ったりしたジュエリーにゴールドが使われているケースは多くあります。ただ、その多くが純ではありません。何故なら純金は非常に柔らかく、ジュエリーとして加工するのが難しいからです。その柔らかさを補い、形を整える為に違う金属を配合しますが、その配合量によってゴールドの名称は変わります。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは金75%、銀とパラジウム25%の割合で構成されています。現在は全てパラジウムを配合することが多く、バラ割りと呼ばれています。

ホワイトとありますが、元々は黄色っぽいのでロジウムメッキを施し、ホワイトやシルバーに近い色合いを出しています。ジュエリー加工がしやすい柔軟さを備えています。

レッドゴールド

レッドゴールドは金75%、銅25%の割合で構成されています。銅の割合を80%にし、残りの20%に銀やパラジウムを配合すると赤みが減り、ピンクゴールドとなります。ピンクゴールドは鮮やかな色合いで温かみもあり、日本人の肌に合うので、一般の方からデザイナーまで幅広い方に人気があります。

イエローゴールド

イエローゴールドは金75%、銀と銅それぞれ12.5%の割合で構成されています。色は金塊のイメージに近い金色で、強い輝きを放ち、加工しやすい特徴を持つことからネックレスやリングに多く使われます。ゴールドの中で最も代表的で普及していると言えるでしょう。

グリーンゴールド

グリーンゴールド

グリーンゴールドは金75%、銀25%の割合で構成されています。色は白に少し緑が入った金色で、青金や青割りと呼ばれることもあります。単体ではなく、主にデザインの一部に使われます。

不要になったゴールドジュエリーをお持ちの方は、甲府にある当店にぜひお売り下さい。当日の買取時間を区切ることで、相場以上の高価買取を実現していますので、ご満足頂けると思います。また、送料無料の宅配買取も行っておりますので、遠方にお住まいの方もぜひお気軽にご利用下さい。