ホーム>ダイヤモンドの「4C」とは

コラム

ダイヤモンドの「4C」とは

貴金属買取でも高価買取率の高いダイヤモンドは、どのようなポイントに注目して鑑定が進められているかご存知でしょうか。ダイヤモンドは、「4C」でその質が鑑定されます。「4C」とはCut・Color・Carat・Clarityを指しますが、その「4C」それぞれについてご説明します。

カット(Cut)

ダイヤモンドの輝きは、ダイヤモンドの原石を研磨することで作られます。代表的なカットは「ラウンドブリリアントカット」です。ダイヤモンドの性質を活かし、緻密な計算と技術で磨かれたダイヤモンドの輝きは、とても素晴らしいです。カットの評価には、カットの総合評価である「プロポーション」、表面の研磨仕上げ状態を表す「ポリッシュ」、対称性を評価する「シンメトリー」という項目があります。カットの評価は五段階評価が一般的です。

カラー(Color)

ダイヤモンドは、無色透明であるほど価値が高くなります。カラーの評価は23段階に分けられ、無色透明な最高ランクのものを「D」とし、アルファベット順にランクが下がっていきます。また本来、色が濁っていたり黄色みがかってしまったりすると価値は下がりますが、「ファンシーカラー」という鑑定を受けると、その価値は上がります。ファンシーカラーには黄色・オレンジ・赤・ピンク・青など、様々なカラーが存在します。

カラット(Carat)

カラットとは、ダイヤモンドの重さの単位です。「ct」と表示され、1ctは0.2gです。ダイヤの原石のほとんどは1ct未満のものなので、重さが増すほどダイヤの価値も高くなる可能性が高いです。ただ、カット・クラリティ・カラーの評価も加えた総合評価でダイヤモンドの価値が決められるので、大きければいいというものでもありません。

クラリティ(Clarity)

クラリティとは、透明度です。ダイヤモンドは、透明度が高ければ高いほど価値が上がります。
傷・欠け・内包物の有無によって透明度が判断されます。つまり、ダイヤモンドの中に混ざっている不純物の度合いを段階に分けて評価しているというわけです。クラリティは11段階の評価が付けられ、最高ランクは「FL」です。

当店では、ダイヤモンドをはじめ、金やプラチナなどの貴金属買取を行っております。
不要になったダイヤモンドやプラチナなどのアクセサリーの高価買取を希望される方はもちろん、遺産相続でダイヤモンドや金を譲り受けて貴金属買取業者をお探しの方もご利用下さい。当店のサイトでは、ゴールド・プラチナ・シルバーの「本日の買取相場」を表示しておりますので、貴金属買取依頼のタイミングを図りたいという方はご覧下さい。店頭にお越し頂けない場合は、送料無料の宅配買取もご活用下さい。