ホーム>貴金属ジュエリーにある数字の意味

コラム

貴金属ジュエリーにある数字の意味

ジュエリーに使われる金には、「10k」や「18k」などの数字がついています。
この数字は純金の割合を表している数字です。

配合する理由

金は24分率で数値化されており、24k、22k、20k、18k、14k、10k、さらには9kや8kなど多くの種類があります。金の割合が多ければ数値も大きくなり、もちろん貴金属自体の価値も上がります。
しかし、貴金属ジュエリーには18kや14kが多く使用されています。

その理由は金の硬度が関係しています金は硬度が低く、ちょっとした衝撃で形が変わってしまうほど柔らかいのです。そのため純金である24kでジュエリーを作ると、身につけている間に衝撃によって形が変わる可能性があります。銀や銅、パラジウムといった他の金属と配合することにより硬度を高めています。

24k

24kは純粋な金のことであり、金の割合100%、もしくは99.99%のものを指します。ジュエリーとして使われることは非常に少ないです。そのため、24kのジュエリーは希少価値が高く、高価買取の対象となります。
一般的には金塊(インゴット)に加工されていることが多いです。金そのものに価値があるので、資産として保持している方も多いです。不純物が配合されていないので変色することもなく、金本来の美しさがあります。

22k

金の割合が91.7%であり、24kに次いで金の割合が高いです。ジュエリーにも使われますが、やはり衝撃に弱いため、へこみや傷がつかないように扱いには注意が必要です。最近では22kのジュエリーも増えてきており、金買取価格も高くなります。

18k

もっとも多くジュエリーに使われているのが18kです。金の割合が75%であり24kや22kに比べても耐久性に優れており、加工もしやすくなります。配合する金属によって色が変化するという点も、多くのジュエリーに活用される理由ではないでしょうか。銀を多めに配合するとイエローゴールド、銅を多めに配合するとピンクゴールド、銀のみを配合するとグリーンゴールドになります。金買取をご利用の際には、ぜひジュエリーの金の割合をご確認下さい。金の相場は日々変化していきますので、タイミングを見計らえば高価買取してもらうことも夢ではありません。

当店は貴金属買取専門店ですので、X線検査による正確な査定が可能です。遺産相続した金の価値が知りたい、貴金属ジュエリーを持て余している、信頼できる金買取先を探している、という方はぜひ当店にご依頼下さい。
送料無料の宅配買取も行っていますので、甲府市の店舗に足を運べない場合も便利です。
お気軽にお申込み下さい。